メンズ

試作品も作れる3dプリンター|各メーカーの商品を比較してみよう

データを三次元化する

レディ

データの三次元化の利点

3Dプリンターは、パソコンで作成したモデリングデータを元にして、樹脂を硬化・加工して立体物を作成する機器です。これを導入するメリットは、製品のモックアップを作りたい時にモデリングデータ通りの物を短時間で作る事が出来るという事です。3Dプリンターを導入するには、PCショップやメーカーなどから注文をして購入します。最近では、大手家電量販店などでも展示・販売されるようになってきていますので、実物を確認する事も可能です。入手をしたら、3DプリンターとパソコンをUSBケーブルで接続し、必要なドライバなどをインストールします。その後、パソコンで3Dプリンターで作成する立体物を3Dモデリングツールを使ってデータを制作していきます。完成したデータを3Dプリンターに送信する事で、3Dプリンターは立体物を作っていきます。3Dプリンターが立体物を作るアプローチは色々とあり、採用されているアプローチによって、モデリングデータから立体物を作る速度が大きく変わってきます。3Dプリンターが登場した事で、一般的なプリンターを使う感覚で必要な立体物を制作する事が出来るようになり、モックアップのように何度も作り直す使い方をする場合には適した機器です。3Dプリンターは、モデリングデータを高速で液状の樹脂を硬化させて積層させていくだけで立体物ができ、企業にとってはモックアップ作りがしやすい環境を構築出来るのがメリットとなっています。